節税アラカルト

節税って何のためにするのでしょう?

そう、お金を残すためですよね。

言うまでもなく、事業を継続するためには
事業資金を枯らしてはいけません。

そのための施策の一つとして
節税という行為があります。

これは、税金を抑えることで、
手元により多くの現金を
残すことが目的です。

節税について検討する際の
最大の検証ポイントは、
その節税策の実行によって
現金が多く残るかどうか、です。

そして、世間で節税と呼ばれる
行為の中には、結果的にお金が
減ってしまうものもあります。

つまり、一言で節税といっても、
「やっていい節税」と
「やるべきでない節税」が
あります。

それでは、法人と個人事業者に分けて
検討していきましょう。

法人の節税

個人事業者の節税