法人の節税

やるべき節税

・即時償却資産の購入
・30万円未満の必要なアイテムの購入
・固定資産の廃棄 → こちら
・回収できない債権の放棄
・不良在庫の処分 → こちら
・決算後に支払う、決算までの経費の計上 → こちら
・代表者への社宅制度の導入 → こちら

やってもいい節税

・代表者への退職金準備のための生命保険の加入
・倒産防止共済の加入
・出張旅費規程の設定

やるべきでない節税

・ほぼすべての生命保険の加入
・決算間際の車や30万円以上の備品の購入
・節税用のリース
・必要性の低いアイテムの購入